口臭対策ができる

口臭対策のこれまでの歴史や変遷

笑顔

日本人は戦前は菜食が中心でしたので、肉食が中心の欧米人と比べると、口臭はそれほどひどくありませんでした。戦後になってライフスタイルの欧米化が進むと、肉食をする人が増え、口臭に悩む人が増加しました。口臭対策としては、1970年代頃まではガムを噛むなどのケースが一般的で、サプリメントはあまり多くはありませんでした。1980年代になると、自然由来の成分を配合した、口臭対策用のサプリメントが販売されるようになりました。2000年代になると、ブルガリア産のバラを配合した口臭予防のサプリメントが人気を集めました。バラのサプリメントを飲むだけで、吐息がバラの香りになるという口コミが広まり、通販で購入する人が増えました。

バラのサプリメントの特徴

バラのサプリメントには、ブルガリア産などのバラのエキスが含まれています。サプリメントを服用すると、お腹の中からバラの香りが広がり、口臭が気にならなくなります。バラのサプリメントの最大の特徴は、体の中からバラの良い香りを発生させることにあります。ガムやキャンディなどは、口腔内だけにしか消臭効果が及びませんが、体の中から口臭予防ができる点でメリットがあります。にんにく料理などの臭いがきつい食事をした時にバラのサプリメントを服用すると、口臭が気にならなくなります。恋人とのデートを控えている人などには、最適なサプリメントです。バラのサプリメントは、接客業や営業職に従事している人にも最適で、お客さまに好印象を与えることができます。