脳から幸せになろう

セロトニンは大事な成分です

笑顔

セロトニンが少なくなっていきますと、精神的に不安定となりやすく、ネガティブなことばかり考えがちとなっていきます。ひどくなりますと精神疾患やうつ病になってしまう人も出てきまして、人間にとってはとても大事な成分となります。セロトニンとは脳内に分泌されるホルモンでして、ストレスを減らしていく働きがあり、生体にとっては重要な役割を果たす三大神経伝達物質の1つとなっています。そのセロトニンを増やしていくためにも、増やすことができる食べ物を摂取していくことが大事です。その食べ物とは、牛乳、チーズ、ヨーグルトなどのような乳製品、そして納豆や豆乳などのような大豆を摂取していくと良いといわれています。普段の生活から摂取できるものばかりなので、特別にセロトニンと増やしていくためのサプリメントや薬などを利用しなくても摂取できるようになっています。

日の光を浴びると増やせます

実はセロトニンは、わざわざ摂取することを意識しなくても、普段から日を浴びることで脳内に分泌されていきます。とくに朝日の光はセロトニンの分泌量が多くなり、日が昇った時間に散歩をするのはとても良い行ないとなります。早起きをして日の光を浴びるために外に出て脳に良い光を浴びながら、散歩で体を動かすことでさらにストレスを発散させることができますので、脳にかかる負担も軽減していくことができるようになってきます。日の光を浴びながら外を歩いて、そして普段から牛乳を飲んだり豆乳を飲んだりヨーグルトを食べたりしながら生活していくだけで、セロトニンを増やしていくことができ、理由もなく不安に感じることやネガティブに感じてしまうことが少なくなっていきます。